ブログ詳細

新高円寺 kibi- 冬は性格がちょっと?体だるい?


たき火で暖をとる人

 

東京でも雪。物凄く寒いですね。

 

私はどんなに暑くても夏が好きなのですが、暑さに強いわけではないです。
「暑いなー!」と毎年毎年バカみたい思いますが、
それでも夏が好きなのは、太陽の光ですね。太陽に照らされたいってことでしょうか。

 

冬場は日照時間(太陽が出ている時間)が短いですね。更に、空が暗い、単純に寒い ということで
なんとなく気分が落ち込む、若干性格が暗くなる(←えっ!)という実感が、若輩ながら、今まで生きてきてあるのです。

全く問題ない範囲ですよ^^

 

性格が季節で変わるのは困りものですが、多少の上がり下がりはないですか?
何か良いことがあった、ご飯が美味しいとか、褒められちゃったとか、もしくはその逆とかによる上がり下がりではない、
何か正体不明のやつに影響されている感覚。

クラーケンに捕まったピクト氏

 

 

これは、太陽を浴びることによって作られるホルモンが影響しているかもしれません。

 

そのホルモンは、セロトニン。
このセロトニンは、精神安定の安らぎホルモンです。

日照時間が減ってセロトニンが不足すると、イライラや、不安感、気力の落ち込み、集中力の低下を招きます。

 

季節の変わり目は体調が変わりやすい、とか、気分が・・とかなんとなくでも聞いたことあるでしょうか。
これ、季節性感情障害といわれていて、秋から冬にかけて症状が出るものは「冬季うつ病」という名前があったりします。
通常の「うつ病」は、食欲が減り、不眠の傾向にありますが、「冬季うつ」に関しては、逆に、食欲が旺盛すぎて

太ってしまう、とにかく眠いという点が違います。

 

 

うつ病!?病気!? 病とか言われると少し落ち込みますよね。
でも、逆に、怠けているわけじゃないぞ、自分!と思えると安心なところもありませんか?

 

ということで、季節的になんとなくそんな状態が続いているかな、という場合は、カーテン閉め切りでこもっているよりも、
できる範囲で日中は太陽の光を浴びて、セロトニン作りをしてみると良さそうですね。

曇りの日はだめかな?と思いがちですが、太陽の光はとてもエネルギーが強く、セロトニン作りには充分。

外に出て日光浴が良いですが、光の入る窓際で読書も良いのでは^^

 

そしてやはり適度な運動も良さそうです。特にある程度同じ動きを繰り返すようなもの。リズミカルなもの。
ウォーキングや自転車こぎ、簡単なもので深呼吸の繰り返し、など。

サイクリングウォーキングヨガ 英雄のポーズ2

苦しいとか、激しくきついものでなく、楽しみながら軽い気持ちでできるものが良いとのこと。

 

以上、自分の寒さ嫌いを紛らわせたい意味もある記事でした。
(ほら、冬だって、あたたかいコタツは幸せだし、お鍋は美味しいし、空気が澄んでいるから星が綺麗に見えるし、
ですよね)

 

 

 

-----------------------------------------
新高円寺/高円寺のマッサージ
[ボディケア kibi]
東京都 杉並区梅里1-5-10-2階
03-6383-2882
営業時間 14時~23時(最終受付22時)
定休日 火曜日